お住まいの国を選択してください

Pulldown 2
Pulldown 2
Pulldown 2
Pulldown 2
Pulldown 2
Pulldown 2
Pulldown 2
Pulldown 2
Pulldown 2

循環型製品マーモリウム

古い床からマーモリウムをつくる

詳しくは下へスクロールしてご覧ください

古い床から新しいマーモリウムをつくる

20年前の床より

現在、床材については、大規模な循環の実現には至っていません。特に、現在使用されている弾性床材のほとんどがそうであるように、床材が下地に接着されている場合、解決策は限られています。

2021年、デルフト工科大学と共同で、EEMCS(電子数理情報工学)の建物に20年以上使用されていた13,000m2の古いマーモリウムの回収プロジェクトを開始しました。これらの床を完全にリサイクルして新しいマーモリウムを作ることが課題で、リノリウムの世界では非常に珍しい試みです。

床材を剥離

段階的なリサイクル

デルフト工科大学のプロジェクトでは、より繊細なアプローチが要求されました。床下地も床材もできるだけ無傷のまま残す必要があり、材料の汚染も避けなければなりませんでした。特殊な床剥離剤を用いて、マーモリアムを迅速かつ丁寧に剥がしました。

幅30センチ、厚さ2.5ミリのリノリウムは、1枚ずつ丸めて車輪付きのコンテナで回収しました。

マーモリウムのロール

薄片から細かいパウダーへ

剥がしたマーモリウムは、接着剤などを取り除くために洗浄し、その後スクラップにされ粉砕します。材料の純度が高いため、約3分の1は新しいリノリウムに再利用、残りはセメント業界でリサイクルします。こうして古いマーモリウムからほぼ50%をリサイクルした材料で施工しました。

また、古いリノリウムの一部はパウダーにし、オランダのCooLoo社によって、教員ラウンジエリアに使用されています。

Cooloo furniture TU Delft

未来の循環型ソリューション

年々接着剤を使わない床材が増えているため、今後、循環型ソリューションがより容易になります。しかし、接着剤の有無にかかわらず、古い床材を完全に循環させるには、きれいなリサイクルの流れ、優れたサプライチェーン、よく考えられた環境にやさしい生産方法が必要です。

プロジェクトごとに条件は異なり、常に徹底的な評価が必要ですが、さまざまな方法を試すことで、完全循環型とはどういうことかを着実に学んでいます。

未来への課題を見る
粉砕したリノリウムフレーク

その他のインスピレーションのある記事

フォルボとサステナビリティに関する記事をもっと読みたいと思いませんか?Forbo Storiesのページをご覧ください。

"Forbo Stories"を見る